岩澤重夫画伯告別式



---------記--------------
去る11月7日亡くなられた我等の大先輩岩澤重夫画伯の告別式が
京都の公益社 北ブライトホールで行われました。
葬儀委員長;元京都国立近代美術館館長 内山武夫

喪主;岩澤有徑

読経;有馬頼底相国寺管長(他に僧侶4名)

弔辞;元京都国立近代美術館館長 内山武夫

    日本芸術院会長 三浦朱門

    大分県日田市長 佐藤陽一


告別式の開始冒頭に天皇陛下からのお供え、ご弔電が披露されました。

“11月4日会えるのを楽しみにしていました。謹んでご冥福を祈ります”
(授賞式には長男有徑氏が代理で出席)
8月に亡くなられた石川忠先輩のように101歳までとは望まないにしても
後5年や10年は長生きして、
文化功労者として活躍される姿を見たかったのに残念でなりません。

謹んでご冥福を祈ります。