繊細な描写で古里描く 文化功労者の岩澤氏



本年度の文化功労者を岩澤先輩が(日田中学20回卒)
受賞されました。
おめでとうございます。
関西陽柳会ではお祝いの会を計画しています。
ご案内しますので皆で岩澤先輩の快挙を祝福しましょう。
なお、先輩の絵は
母校、日田市役所、総合体育館、パトリア、再生会病院
襖絵は豆田の長福寺でご覧になれます。
帰省の際は立ち寄ってください。
大分合同新聞の記事を紹介します。
岩澤さんは1927年、日田市生まれ。 81歳。
旧制日田中学を卒業し、
京都市立美術専門学校(現京都市立芸大)日本画科へ入学。
在学中に「芥子」が日展に初入選し、
画家としてのスタートを切った。 
卒業後は堂本印象に師事して勉強を重ね72年、日展会員に。
評議員、常務理事を経て現在顧問を務めている。
92年、大分合同新聞文化賞特別賞。
2000年、日本芸術院会員に就任。
01年、日田市名誉市民。京都市在住。
 森や海などをモチーフに、繊細な描写と大胆な構成で
描いた日本の風景は、豊かな生命力をたたえ、
その神秘的な独特の世界が多くのファンを魅了している。

一歩一歩、一生懸命に 
岩澤さんの話 
京都とふるさと大分の風景を代わる代わる描いて
日展に出品してきたことなどが、
今回の受章につながったのだと思います。
今日まで一歩一歩、一生懸命に
階段を上ってきたことがよかったと思います。
皇居に上がるのを楽しみにしています。